銀座OLケイコのチャーミングスマイルブログ☆

海外旅行・美味しいご飯・楽しいことが大好きなワタナベケイコがyoutubeや写真とともにチャーミングな毎日を記録しています。旧「今日のケイコブログ」

必見!パピルス紙の作り方と、本物と偽物を見分ける方法!!

最近目の下のクマが気になってきているケイコです。

うーん、寝不足なのかな・・・。

今日は古代エジプトで作られていたパピルス紙をご紹介します!

パピルス紙のお土産屋さんで作り方を見せていただきました。

まずパピルスという植物の外側の皮を切って繊維状にスライスします。この植物はよく見ると断面が三角形なんですよ!!ピラミッドを連想させるということで、古代エジプトではパピルスに特別な意味があったようです^^

 ただ切ったままだと固いですが、ハンマーなどでたたくことによって柔らかくなってきます。次にこれらを水に浸します。2~3日浸すと色の薄いパピルス紙となり、1週間近く浸すと色の濃いパピルスになるようです。

水を吸ってふにゃふにゃになったパピルスを格子状に並べていきます。水気を切らずにそのまま重ねていくと…紙っぽくなってきた!!

あとは重しを乗せてプレスして、乾燥させれば完成です!!こうやってできていたんだね。本物と偽物をパピルスを見分ける方法は、紙を光に当てて透かしてみること!本物は透かしてみると格子状のパピルスの繊維がくっきり見えます^^ ちなみに偽物はバナナの皮で作られているらしいけど…ほんとかな?笑

一度完成したパピルス紙は再び水にさらすと、自然とほどけてきてスライス状に戻ります。機械がない時代にこうやって紙を作って、文字を書き残していた積み重ねが、エジプト文明の解読につながっているんだから、改めて目の前のパピルスという植物が神聖なものに見えてきました^^

それではパピルス紙の作り方(有名な絵の説明付き!)と、ピラミッドの形をした断面の動画をどうぞ!